インプラントで幸せを噛みしめる|歯科で健康な歯をゲット

目立ちにくい矯正治療

歯の模型

裏側矯正では、歯の裏側にブラケットやワイヤーが取りつけられます。そのため正面からは目立ちにくく、人目をあまり気にせずに済みます。また、舌が触れないようにと薄型のブラケットが使われることが多いです。裏側なので飲食による汚れを除去しづらいのですが、定期的に通院することでクリーニングをしてもらえます。

Read More..

自分の歯のように噛める

白い歯

自分の歯に近い感覚

むし歯や歯周病をはじめとするさまざまな原因によって歯を失ってしまった人は、長年悩みを抱えて過ごしている場合が多いようです。こういった患者さんのために開発され、近年急速に普及しているのが、人工歯根(インプラント体)をあごの骨に埋め込み、それを土台にして人工の歯を装着するインプラント治療です。インプラント体の材料に使われているチタンは、生体親和性の高い金属で骨と結合する性質があるため、手術で埋め込まれたインプラント体は、周囲の骨組織と結合していきます。こうしてしっかり固定されることで、自然の歯に近い感覚で食べ物をかめるようになるのです。インプラントの治療を成功させるためには、歯科による術前の入念な検査が重要になります。

患者に合わせて治療を

まず、糖尿病や骨粗しょう症、免疫不全などの全身疾患がないかを確認し、口腔内においては、歯周病の有無、かみ合わせの状態についても考慮します。その後、レントゲンや歯科用CTを用いてあごの骨の厚みや、血管・神経の位置などの確認をします。このような歯科による術前検査の診断結果をもとに、患者一人ひとりに合わせた治療計画を立案し、手術が行われるのです。手術は通常2回に分けて行います。1回目の手術で人工歯根を埋入し、一度歯肉を閉じてしっかりと骨に固定されるのを待ち、3〜6ヶ月後の2回目の手術で、人工歯根の先端を露出させ、上部構造である人工歯を固定するという流れです。治療後は自分自身の歯と同様に日ごろからブラッシングや歯周病対策などのケアが大切です。

快適な歯の矯正治療

施術

相手に気づかれずこっそり歯並びや噛み合わせを治せるのがマウスピース矯正です。マウスピース矯正で使うマウスピースは極薄で透明なので目立ちにくく、自由に取り外しができるので矯正治療中のストレスも軽減できます。

Read More..

歯周病の治療

施術

歯周病は矢切の歯科医院で治療することができます。矢切の歯科医院では、プラークの除去や歯肉剥離掻爬術による歯周外科的処置で歯周病を治療します。歯周病が悪化して顎の骨が変形してしまった時には、歯肉歯槽骨整形手術で元通りにすることが可能です。

Read More..